大粒で美味しいイチゴならジャパンフルーツチャンネル

サンプル申し込み
メイントップヴィジュアル メイントップヴィジュアル2 メイントップヴィジュアル3
2023.03.31
いちご 栽培いちご 豆知識イチゴ

【いちご農家必見】イチゴの収量最適化を実現する管理技術をご紹介。

いちごの収穫量が不安定であったり、収量が少なくて困っているイチゴ農家の方は多いでしょう。様々な施策を打つもうまくいかない方は多いでしょう。そこでそんないちご農家に向けて、今回は、いちごの収量を最適化/最大化するための、苗植え付け後の管理技術についてご紹介します。土壌管理、灌漑、栄養、肥料、害虫管理、病気予防などについて詳しく学べますので、今よりももっと安定的に栽培し、かつ終了をアップさせたい方は是非最後まで読み進めてください。

苗の植え付け後の管理について

いちごの苗を植え付けた後の管理は、健康でおいしいイチゴを生産するために不可欠です。いちごが最適な生育環境にあることを確認するために、植え付け後にできるだけ早く管理の最適化を開始することが重要です。代表的な最適化手法として、灌水、施肥、剪定、害虫駆除などがあり、以下ではそれぞれについて解説していきます。

収量アップのための土壌管理

イチゴの高収量栽培には、土壌の管理が重要な要素となります。土壌を改良するためには、雑草やその他の害虫がいないことを確認する必要があります。さらに、土壌に十分な水と肥料を与えることで、根と植物の成長を促進し、病気のリスクも減らすことができます。最適な土壌のph値は5.5~6.5と言われており、これを保つようにするといいで。

健康で新鮮ないちご収穫のための灌漑要件

健康で高収量のイチゴを生産するためには、適切な灌漑方法を維持することが不可欠です。灌漑とは、外部から農地に向けて水を供給することです。イチゴの苗は生育のために適切に水やりをする必要がありますので、土が乾かないように定期的かつ効果的に水を与えるようにしてください。

また、過湿は植物の生育を損ない、病気や腐敗の原因となるため、避けることが重要です。過失による代表的な病気として根腐れ病があります。詳しくは以下の記事で触れているので、参考にしてみてください。

記事名:「イチゴも病気になるの?いちご栽培を邪魔する「根腐れ」について解説。予防策もご紹介!

収量最適化のための病害虫管理・防除

害虫や病気は、イチゴの株や作物に深刻な被害を与え、収量の低下や栽培失敗につながることもあります。そのため、害虫の管理と制御は、植え付け後の管理を最適化する際に考慮すべき重要な要素です。化学薬品散布、益虫、トラップは、イチゴ農場に存在する害虫の量を減らし、同時に植物を病気から保護するのに役立ちます。そのほか、害虫の侵入を防ぐためい、ゴミのない清潔な状態を保つようにしてください。

まとめ

イチゴ農家は、植え付け後の管理方法を理解し、実行することで、収量を大幅に増やすことができます。土壌管理から適切な灌漑方法、害虫駆除や病気の予防まで、収穫量を最大化し、健康で最適なイチゴ作物を確保するための実用的な方法が数多くあります。現在、いちごの収穫量が少なく悩んでいらっしゃる方々は、今回の記事の内容を理解し、早速管理方法を実践してみてください。

一覧へ戻る