大粒で美味しいマスカットならジャパンフルーツチャンネル

サンプル申し込み
メイントップヴィジュアル メイントップヴィジュアル2 メイントップヴィジュアル3
2023.04.16
いちご 栽培いちご 豆知識イチゴ

【日本産のいちごを応援】いちご農家の現状と応援するメリットを解説

普段何気なく食べているいちご。そのいちごについて皆さんはどのくらいご存じでしょうか。今回はいちご農家に焦点を当ててお話をしていきます。日本におけるいちご栽培や地域社会におけるいちご農家の役割、いちご農家を応援するメリットなどを解説するので、興味がある方は是非最後まで読み進めてください。

目次

日本のいちご栽培

日本のいちご栽培の歴史は古く、1800年代までさかのぼることができます。日本の伝統的なイチゴの栽培方法は、苗を土に埋めることで、厳しい冬の季節から苗を守るだけでなく、より甘い味を栽培することでした。現在、日本のほとんどのイチゴ農家では、より甘く、よりジューシーなイチゴを栽培するために、土耕栽培だけでなく、高設栽培が導入されています。より清潔で衛生的な環境が整えられているのです。

小規模農家の役割

日本のいちご農家の多くは、家族経営の小規模農家や個人事業主です。これらの小規模農家は、地域社会との深いつながりを持ち、長年にわたり伝統的な方法を大切にして、ジューシーで甘いいちごを栽培しています。この伝統的なイチゴ栽培を支えているのが、地元農家であり、いちご市場に最高品質のイチゴを提供する努力を継続しているのです。

ふるさと納税でいちごを応援する

ふるさと納税の制度を利用し、いちご農家を支援することができます。いちご農家から見たふるさと納税を利用するメリットは3つあります。1つは、地域の活性化です。寄付金が農業支援に使われれば、更なる収量アップに繋がる可能性があります。2つ目に、消費者との接点が増えることです。いちご農家の認知が広がり、その後の継続的な購入に繋がる可能性があります。最後に、ブランド力の向上です。ふるさと納税で人気になったブランドは、入手困難になるほどブランド力が上がります。

日本のいちご農家を応援する理由

日本のいちご農家を支援する最大の理由は、彼らの作るいちごが新鮮で最高品質であるからです。いちご農家は、長年の知恵と経験から、できるだけ甘く風味豊かないちごを生産することに専念しています。さらに、農家の多くは小規模事業であるため、彼らを支援することで地域経済が活性化し、継続的ないちご栽培のモチベーションアップに繋がります。

ふるさと納税にあるイチゴの品種と特徴

ふるさと納税にあるイチゴの品種と特徴の一部です。

  1. もういっこ – 甘さが強く、果肉がしっかりと詰まっていてジューシーな品種。愛媛県産が有名。
  2. 紅ほっぺ – 甘みが強く、果肉が柔らかく口当たりがよい品種。静岡県産が有名。
  3. あまおう – 甘さが強く、香りがよく、果肉が柔らかくてジューシーな品種。福岡県産が有名。
  4. ゆめみのり – 甘味と酸味のバランスがよく、果肉がぷりぷりしている品種。静岡県産が有名。
  5. とちおとめ – 甘みが強く、酸味もある程よいバランスの品種。栃木県産が有名。
  6. あきひめ – 酸味が強く、爽やかな味わいが特徴的な品種。静岡県産が有名。
  7. 紅ほっぷ – 果肉が柔らかく、甘味が強い品種。静岡県産が有名。
  8. ももいちご – 果肉が柔らかく、ジューシーで甘味が強い品種。山形県産が有名。
  9. もういっこホワイト – 甘味が強く、果肉がしっかりと詰まっていてジューシーな白い品種。愛媛県産が有名。
  10. レッドパール – 酸味が強く、果肉がしっかりと詰まっていてジューシーな品種。群馬県産が有名。

以上が、ふるさと納税にあるイチゴの品種と特徴の一部です。ふるさと納税の返礼品によっては、品種が異なる場合もありますので、事前に確認することをおすすめします。

筆者おすすめのイチゴ

なるべく、近くのスーパーで手に入れることができない品種を選ぶのがオススメです!

普段とは異なるイチゴを楽しむことができます。

あまりん

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/11381/4741251?rank-category

埼玉県のブランドイチゴです。今ではまだ、簡単に手に入れることのできない、希少品種です。

名前の通り糖度が高く食味の良い品種で、美しい赤色の果実、先端に近づくほど甘く濃厚な味わいです。まずはそのまま洗って食べてみてください!いちご本来の甘みに心惹かれます。

「あまりん」は埼玉県オリジナルのいちごの新品種として開発されました。平成21年から「やよいひめ」、「ふくはる香」を交配して選抜を繰り返し、平成28年に正式に品種登録され、その後県内の農園で栽培が始まりました。

咲姫(さきひめ)

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/41425/5001297?rank-category

最高糖度20度超えの、甘くて、大きく、ジューシーなイチゴです。筆者は「あまおう」を凌駕する品種だと実感しています。高糖度のいちご『咲姫』は、糖度平均15度と高く酸味の少ないジューシーな味わいは、その甘みをより際立たせ、まるで完熟したクランベリーや、サクランボのような、イチゴとも知れない味を想起させます。

佐賀白石町のいちご農家、中村和好氏が「やよいひめ」に「さがほのか」を交配して生み出したイチゴで、2014(平成26)年に品種登録出願公表され、2017年に品種登録された新しい品種です。まだ生産量がかなり少なく、希少です。

古都華(ことか)

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/29203/5114468?rank-category

奈良県オリジナルのブランドいちご。艶やかな赤色が特徴。糖度と酸味のバランスが良く、濃厚な味わいの苺です。平均糖度12~13度と、一般的ないちごより甘い古都華。やさしい酸味もあり、より甘さが際立っています。さらに、その味わいをさらにパワーアップさせているのが、味の濃さです。どこを食べても水っぽさのない、濃厚果汁が楽しめます。

まとめ

日本のイチゴ農家を支援することは、最高品質の日本産いちごを全国に提供するために必要な取り組みです。いちご農家を支援することで、栽培される地域の経済を活性化します。いちご農家のモチベーションアップに繋がり、更なるおいしいイチゴの研究が行われます。次にいちごをたべる機会があるときは、生産者の顔を思い浮かべながら、いちごを食べて見てください。いちご農家に足を運ぶのもありかもしれませんね。

一覧へ戻る